ユーグレナ 産地 石垣島

MENU

ユーグレナのサプリメントは石垣島産ばかり?

 

多種多様な形態で販売されているユーグレナ(ミドリムシ)関連商品の中でも、
とりわけサプリメントという形状は、

 

・飲みやすいから毎日続けやすい
・サプリだからニオイが気にならない
・手軽なのに栄養のバランスが取りやすい

 

と良いとこ尽くしだとして、多くの人々から愛用されています。

 

サプリメントの上記のような特徴以外にも、ユーグレ(ミドリムシ)ナには共通して、
『ユーグレナ(ミドリムシ)は石垣島産である』という特徴があることにお気づきでしょうか。

 

どうして石垣島にこだわるのか?

 

実際に、ほとんどのユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントは石垣島産のユーグレナ(ミドリムシ)が注入されています。

 

実は、東大発の「ユーグレナ社」が石垣島で初めて大量培養に成功した理由と、
サプリメントにも石垣島産のユーグレナ(ミドリムシ)が使用されていることには深い関係があります。

 

その理由は次の3つ。

 

(1)1年の平均気温が高いから


石垣島は1年の平均気温が23℃以上の日が多く、
また日照時間も比較的長い、つまり太陽が出ている時間が多いため、ユーグレナ(ミドリムシ)の大量培養に必要な温暖な気候というポイントを押さえています。

 

光合成を行う、植物と動物の中間というポジションのユーグレナ(ミドリムシ)には、
このように豊富な光と暖かさが大切になっています。

 

(2)於茂登岳(おもとだけ)の高品質な水を使用するから

 

第二のカギは、石垣島の中心部分に位置している於茂登岳です。

 

於茂登岳からは常に清らかな地下水が流れ出していますが、
その高い水質の地下水によって、高品質なユーグレナが効率良く培養できるのです。

 

高いミネラルを含んだ水で培養されたユーグレナ(ミドリムシ)は、どんな場所で育ったユーグレナ(ミドリムシ)よりも安心と安全が約束されていることは言うまでもありません。

 

(3)澄んだ空気


光合成を行うユーグレナ(ミドリムシ)にとって必要なのは太陽の恵みと良い住環境=質の良い水だけではなく、常に澄み渡った空気も必要となっています。
豊かな自然環境の残る石垣島では、その点でも優位性を持っています。

 


⇒ 小林製薬 石垣島のユーグレナの公式HPはこちら