ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメント 寿命

MENU

ミドリムシが生きているのであれば、死ぬこともあるの?

 

コンビニなどでも見かけるようになり、
一気に知名度・人気度が上昇している“ユーグレナ(ミドリムシ)”ですが・・・

 

おいしいミドリムシスイーツや便利なミドリムシサプリメント、ミドリムシドリンクなどの他には、
ミドリムシについて何も知らないという方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、今いちばん気になる健康素材であるユーグレナ(ミドリムシ)について判明している情報をお伝えしたいと思います。

 

ミドリムシ=ユーグレナ藻のひとつ

藻、と言われてもピンとこない方も少なくないでしょう。
確かに普段は藻を気にして生活することは無く、
また藻と言えば、赤潮などの汚染で発生するイメージからか、
嫌な存在であるとしか思われていない方もいらっしゃるようです。
しかし、ユーグレナ(ミドリムシ)は藻の一種でありながら生物でもある、不思議な単細胞生物なのです。

ミドリムシには動物などで発見されている栄養も、
植物から見つかる栄養素も含まれているという研究データがあるのは、
上記のようにユーグレナ(ミドリムシ)が“植物のようだが生きている”という事実からも導き出すことは容易です。

 

ユーグレナ(ミドリムシ)の寿命

単細胞生物=単純で頭の悪い生物、という意味ではなく、
意外にも多細胞生物よりも複雑な生存方法をとっています。

 

その遺伝子を後世に残す方法として細胞分裂を繰り返すため、
人の寿命の観念のようなものは存在しません。

 

分裂し増殖するということは、
最初に分裂した本体の生命記憶が残っているということになります。
つまり、老化老衰という状態自体が有り得ないと研究されています。

 

ただし、厳密に命が無限であるという意味ではありません。
それは、分裂できる回数には限りがあるからです。
限りのある分裂回数=分裂が止まった時が、
人間が考える意味での死だということになるのでしょう。

 

しかしながら、その分裂回数の上限はまだ解明されておらず
今後の研究に期待が寄せられています。

 

 

まとめ

 

ユーグレナ(ミドリムシ)に人間の寿命のようなものはありませんが、
無限の分裂は行わないということになります。

 

ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントの味はどんな味?